pblog (2)

ppworks diary

ギックリ腰の再発防止に努める

8月にギックリ腰でぶっ倒れてから立ち上がれなくなり数日寝込んでいた。本当にトイレにさえ這っていくことになるとは思わず、ビックリした。今後の再発防止のために整体師の父からアドバイスをもらい悪い習慣を見直したので、その記録。

悪い習慣と改善策

  • 子供を抱いて立ったままの高い高い
  • うつ伏せ寝
  • 17Fからの階段下り
  • 古き良きスタイルの腹筋運動
  • 最寄駅二つ前からの徒歩
  • 座ったままの仕事

子供を前に抱く時点で、腰を後ろに反ることになるので、腰にとっては最悪の状況。ベストは昔ながらのおんぶが良いのだそうな。そうもいかないシーンもあるので抱くのはいいとしてなるべく反らないようにするのと反った状態でGをかけるようなことはなるべくしない。つまり高い高いはなるべくしない。子よ、自分で翔ぶのだ。親を超えよ。

うつ伏せ寝はよろしくないので仰向きか横向きにする。横向きがイマイチならちょいまるまるなりするとよい。うつ伏せ寝はとにかくやめる。横向きになる際には、肩を落とさないようにする。抱き枕オススメ。子の部屋からパクってこよう。

階段の上り下り運動は極端な距離やらない。特に下りは下半身に負担がかかるので避ける。17Fから降りるとかとんでもない。

腹筋運動は、仰向きに寝て数センチ足を上げる。回数は少なめから始める。

徒歩は悪くないけど、他の悪いことをやって身体を痛めつけている中での徒歩はよろしくなかった。

座ったまま仕事を続けるのはよくない。定期的に軽い運動や立って仕事するなどがよい。腰を痛めた前日はリモートで通勤もせずに特に集中力が高く座ったまま仕事しまくったのがよくなかった。

ギックリ腰は癖になる、について

ギックリ腰は癖になるというのを良く聞くので父に確認してみたところ、大抵の人は「ずれた骨」を矯正していない状態で炎症が治まっただけの状態で「治った」と勘違いしているから、再発するとのこと。

つまり、矯正して悪習慣を改善すれば再発しないのでは!?と思い、悪習慣の改善を心がけることにした。

ちなみに脊椎矯正は継続的にしつこく続けないと完治は難しいので矯正と悪習慣の改善を同時に継続していかなければだ。