pblog (2)

ppworks diary

KOJI & HIRO Joint Live Happy New Year 2018 Special LIVE

1/6の1日目に行って来た。前日に公式サイトを覗いたら、握手会のお知らせが載っていて、これは行くしかないぞ!と物販目当てに早めに渋谷へ行くことにした。

第1部のアコースティックライブのチケットは持っていなかったので、渋谷で時間を潰す気だったんだけど、当日券が販売されるとのことで急遽第1部にも参加することにした。

入り口にTAKAさんからの花が届いていて、おお!これは!と思った。

第1部アコースティックスタイル

和装姿のKOJI&HIROが登場し、春の海を演奏。正月感がすごかった。

そのあとラクリマの曲と寺尾聰ルビーの指輪を演奏。

約1時間かつ最後尾での立ち見だったけど、すごくよかった。アコースティックでLa'cryma Christiの曲を聴けることに感動した。あとHIROさんの歌声が良い。

第2部バンドスタイル

第2部は真ん中の左あたりで見ることが出来た。KOJIさんがほんとすぐそこにいる。

始まった瞬間に、あーやっぱバンドの音いいな、っていうかササブチさんのドラムの音がめちゃめちゃカッコいい。一瞬で好きになってしまった。Creature Creatureもいこうかな、、、(今回のツアーで休止だし)

前半は2人のソロ曲を交互に披露。やっぱり2人でそれぞれのソロをやるスタイルいいなーと思った。大変だろうけど。

ベースの見せ場ではNATCHINさんに注目したりした。2人の主役を支えるサポートのお二人の演奏もめちゃめちゃカッコよかったのだ。

1回目のアンコールでは、にゃんごすたーさん(ちゃん?)とゲストボーカルの田澤孝介さんが登場、まさかのカバー曲を2曲とLa'cryma Christiの曲を1曲披露。

HIROさんのギターであの曲のイントロ聴けるとかもう、、、やばかった。

田澤さんの声めちゃよかったので、Rayflowerもチェックした方が良い気がして来ている。

あと取って置きのお年玉を会場の全員がもらった。内容は書けないけど、これは嬉しかった。すごいスペシャルなこと。

2回目のアンコールでは、La'cryma Christiの楽曲をボーカルなしで2曲。1曲目がまさかのWhite Periodで、音源持ってないのダメだ〜と痛感した。先日La'cryma Christiの音源ほぼコンプートしたのに唯一そこだけもってないんだよなあ探そう。

ラストはThe Scentで、生で聴けたのが本当に嬉しくて泣きそうだった。特にKOJIさんのソロパートな。高校生の頃どんだけ聴いたかと思うと感慨深かった。

握手会

先行販売でウッカリHIROさんの握手券しかゲット出来てなかったので、終演後にKOJIさんグッツも買いカレンダーがダブるという。

まあ、それでも直接話出来るとか、La'cryma Christi好きにはたまらないし、次いつチャンスがあるかわからんので、2人とも握手してもらいつつサインもらって来た。サイン対象はグッツに限らないとのことで、私物に書いてもらった。2人ともマジでいいの?って驚いてたけど本当嬉しい。今度会った人には見せます。

2人のソロアルバムを聴いて思わずギター始めたことを伝えたら、2人ともすげー嬉しくなるようなことを言ってくれて本当に励みになった。さらに憧れのギタリスト2人と手の大きさも比べさせてもらって、まじやる気がみなぎった。(次の日、首を寝違えて練習が出来なかったけどw)

探し回ってLa'cryma Christiのバンドスコアも2冊手に入れたし、今年から少しづつでも死ぬまでには弾けるようにがんばるぞぉという気持ちになれた。